ピザは世界を幸せにする

ピザは世界を幸せにする

今日はピザを食べに行ってきた。お店の中で、窯を使って焼く

本格的なピザ屋さんだ。

ピザは、人々を幸せにする食べ物だ。美味しいピザを食べると、笑顔になれる。

ピザは気軽に食べに行ける、宅配でも頼むことが出来るし、

最近ではスーパーやコンビニでも冷凍ピザのレベルはとても高くなっている。

ピザ屋さんにいって食べるピザは何でこんな美味しいだろうと

考えたときに、思いついたことがあったので、今日はそれについて

書いていきたい。

窯で焼いている様子を見れる

人気のピザ屋さんは、必ず店内に窯があり、それもお客さんから

見える位置にある。

ピザを焼いている様子をお客さんは観察することが出来るし、それをみているだけも

ワクワクする。

そして、目の前に注文したピザが届くと、あーこれがあの窯で焼いてくれた

ピザなんだ、と思いながら食べることで、より一層美味しく感じる。

出来立てなので、熱々のピザを食べられること、そしてピザ自体が

職人がつくっている美味しいものであるという前提はもちろんあるが

料理の行程をお客さんに見せるというのは、一つ大事なポイントだと感じた。

料理が出来る過程をみせる

ただ、出来上がったものが、目の前に出されるより、作られる工程を

見れることで、お客さんの満足は上がる。

  • 寿司屋のカウンター
  • 鉄板焼きやお好み焼きさんでのカウンター
  • デパートでのお菓子作り

あえてお客さんに見せることで、購買意欲は高まり

料理がつくられる様子をみることで、より美味しさへの期待が

膨らむのである。

この方法を上手くとりいれているお店の一つに

チェーン店のサブウェイがある。

サブウェイは、

サンドイッチを注文するときにお客さんが自分の好みの具材を

選ぶことが出来、パンの焼き加減や種類を選ぶことも出来る。

そして、実際に目の前で、サンドウィッチに野菜を入れたり

ソースをかけたり、お肉などがパンにはさまれたりする様子を

確認できる。

サンドウィッチが出来る様子を見れるのも

サブウェイの大きな特徴であり、お客さんが惹かれるポイントの1つであろう。

成長している過程をみせる

料理の過程をお客さんに見せることで

実際にできた料理に対して、お客さんの満足度が上がるということについて

これは他の事にもあてはまるのではないだろうか。

例えば人が成長するパターンを公開すれば

その成長過程を知っている人は、その人応援するファンに

なってくれるかもしれない。

例えば

甲子園に無名の高校が出場したとしよう。

何も情報が無い状態だと、その高校について応援する気持ちは

なかなか湧いてこないかもしれない。

だけど、その高校について、甲子園に出るまでの

県大会の道のりを知っていたらどうだろう。

その無名高校は、十年前までは部員すら集まらず

廃部の危機のあった。

そこから、新任の先生が着任し、部員集めからスタートした。

なんとか部員が集まっても強豪校には勝てず

予選敗退の日々。

しかしある年に、偶然有力なピッチャーが何人か縁あって

その高校に入ることになり、猛練習して、実力をつけていく。

練習環境には恵まれなったが、トレーニング方法を工夫し

強豪との練習試合などで鍛えあがられて成長していく。

途中、監督が倒れ、大事な試合にはベンチに入ることが出来なかったが

部員みんなで監督に優勝の報告をしたいと一致団結し、猛練習の日々を重ねる。

そして決勝戦では見事、逆転勝利し、はじめて甲子園に出場がかなった。

このようなストーリーを、試合前に放送されたら

あなたは、この高校のサクセスストーリーに興味を持ち

この高校を応援しようと思うのではないだろうか。

それは、成長過程を知ることで

ファンになったからである。

漫画の主人公も、いろいろ紆余曲折ありながらも、目標にむかって

進むことで、漫画の主人公に共感し、その成長過程をみることで

応援していく。

あなたもファンが欲しかったら

あなたの成長過程を発信してみてはどうだろう。

世の中に一つしかない、あなただけのストーリー。

その成長過程をしることで、ファンができていく。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする