スポーツジム 効果があって続けられるコツ

スポーツジムを続けるコツ

今回も引き続き、3回スポーツジムを退会した経験があり、4つ目のスポーツジムで

現在も継続して4年間続けられている理由についてシェアしていきたい

スタジオレッスンがあるところ

スタジオレッスンがある総合ジムを選ぼう。

筋トレマシーンは、はじめこそモチベーションが続くが、初心者が何か月も続けるのは生じ言ってハードルが高い。

筋トレのやる気が出なかった場合、スタジオレッスンに出ればよい。
スタジオレッスンは種類が豊富なので、自分にあうレッスンを探してみよう。
ヨガ・ピラティス・ダンス・ボクササイズ・多くのレッスンがあるので、自分が興味のあるレッスンに出会うだろう。私が通っているジェクサーだと、最近はトランポリンや暗闇レッスン、女性限定の美尻レッスンが開催されている。

好きなレッスンに参加することを続けているうちに、ジムに継続して通うことが出来る。

また、何度も同じレッスンに通っているうちに、リピーターがいることに気づき、その人たちと話すきっかけができるかもしれない。直接話せる関係にならなくても、お互い同じレッスンの時間を共有していると、一体感がうまれ親近感がわく。
そうするとあのレッスンに行ったら、あの人に会えるから行こうかなという気持ちもわいてくる。

スタジオレッスンがあることで、ジムに通う理由が何個もふえていくという感覚である。

2019年時点では、24時間開放されているジムの店舗がどんどん増えている。

確かに月の会費が手ごろで、いつでも行けるというのは魅力的であるが、初心者でジムに通い始める人は、ぜひ大型の総合ジム、そしてスタジオレッスンがあるところのほうが飽きずに続けられる。

24時間型のジムは、ある程度筋トレの習慣がついている人で、筋トレのトレーニングだけすれば満足という中級者以上の人ならとてもコスパがよいところだと感じる。

結果を求めすぎない

スポーツジムに通い始めると、早く結果を出したいという気持ちが出てくるかもしれない。
もっと筋肉をつけたいとか、体重を減らしたいとか、たくさんの距離を走れるようになりたいとか。
目標をもつことは良いことだが、結果を出すことを急ぎすぎないほうがよい。
まずは続けることを意識しながら、ジムに通ってみよう。

結果がともわなくても、続けている自分をほめよう。

まずは1か月、そして3か月、6か月とジムが通えるように続けることを優先していこう。

続けることでジム通いが習慣化され、行動パターンが以前と変わっていく。
運動をしている時間が短くてもよいので、まずは通うことを最優先していこう。

そしてスタジオレッスンで楽しみながら、運動していくのだ。

運動が苦手でもOK

スポーツジムに通ってみたいけど、周りは筋肉ムキムキの人ばかりではないか?

運動苦手な私でもついていけるのかな

こんな心配をもししていたら、その悩みは全く不要である。

通常の総合ジムでは、本当にいろんな人がいる。

中には確かにすごい体つきをしている筋トレ大好きな人も見かけるが、

良い意味で引き締まった人や、もちろんぽっちゃりの人もいる。

*但し、ゴールドジムは筋肉ムキムキの人がとても多いので、初心者には向かないだろう

そして総合ジムには年配の人も多くいるのだ。

正直年配の人が多いというのは、ジムに入会してから初めて知ってびっくりした。

しかも楽しそうにジムにきている。

年配の人たちはジムという場所を運動する場所だけではなく、一種のコミュニケーションの場としているのだ。ジムに来たら、知っている人がいて、おしゃべりを楽しむ。あるいは息子や娘ほどの年齢である若いスタッフと楽しそうに話している。

年配の人でも、楽しく運動できる場なのだから、あなたがジムに入って、きつくて、ついていきないという心配はないだろう。

私が実践したお勧めの方法を紹介しよう。

もし、スタジオレッスンに参加することが最初抵抗がある、周りについていくのが心配だ、周りの目がきになるということだったら、初心者向けのエクササイズ、それも年配の人が多く参加しているクラスに入ってみよう。

そこではインストラクターの人が、初心者向けに誰でも出来る、しかも効果のあるエクササイズを教えてくれるのだ。スタジオレッスンの初心者には、このクラスを体験することで、スタジオレッスンの壁をのりこえてほしい。

現在ではジム通いが続けることが出来ているが、最初にジムに挑戦してからすでに10年以上経過している。
あなたには時間を無駄に過ごしてほしくないし、ジムの退会をするということも経験してほしくない。

うまくスポーツジム生活をとりいれて、楽しい運動生活をとりいれてほしい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする