500円のペンを5000円で売る方法

あなたはモノを売る時に、そのモノを、より高く売る方法を知っているだろうか。

通常1000円近くで、売られているものを、なんと1万円で売る方法を考えたことがあるだろうか。

 

本日は、人の購買心理について

あなたにもシェアしていきたい。

 モノを購入する

 

ある時、私は部屋の整理整頓をしていた。そうすると昔購入したけど、今は使用していないものが、どんどん出てくるのにびっくりする。モノをみてはじめて、あーこんなモノかったなあ、懐かしいなという気持ちや、何でこんなモノを買ったんだろうと後悔する時もある。

 

整理整頓をしていく中で、私はあるグッズを発見した。

それは購入したまま、一回も開封されていないストラップとTシャツであった。

それは数年前にネット上で購入したものであった。

 

  

当時私は、あるサッカークラブの応援にはまっており、そのクラブの応援のため、TV観戦をしたり、友人と現地にいって、スタジアムに応援にいくほどであった。

 

そして、数年前にそのスポーツクラブは成績がよく、当時のアジアNo1を決める大会に出場しており、見事優勝した時に販売されたグッズであったのだ。

 

 

当時そのクラブの応援に夢中で、優勝をきめた試合についてもリアルタイムで結果を見守っていたため、優勝という結果がとても嬉しく、興奮したのを覚えている。そしてその嬉しさもあり、優勝後に販売された記念グッズを思わず買ってしまったというわけだ。

 

だが、購入した時が、その商品に対する気持ちのピークであり、申し込みをしてから数か月後には、気持ちが少し落ち着いている状態であり、今現在開封されていない状態で大切に保管されたままである。

 

冷静に考えれば、ストラップとTシャツのセットなので、そこまで金額的には高くないはずだが、当時は数万円で売られており、私は迷わず購入したのを覚えている。

今考えると、なぜそんなに高い金額を払って購入したのであろうと考えてみたのだ。

 限定品だから?

 

最初は、優勝した時の記念品だから、限定品だからではないかと思ったがそれは少し違うとすぐに気づいた。

確かに限定品であることに違いはないのだが、それが理由だとしたら、もう少しストラップとTシャツに対して、大事に扱うはずだし、価値のあるものであると思う気持ちが自分の中では強くなると思ったからである。

 

つまり限定品だからという理由だけでは、問いに対する正解とは言えない。

 

そして、私の中で頭に浮かんだ別の回答が、ばっちし回答にあてはまることが分かった。

 

では、なぜ私は数年前、ストラップとTシャツに数万円も出し、購入しようと思ったのか。

 

 

そのわけは、ストーリーを購入していたからである。

 

 

ストーリーのちから

 

それはいったいどういうことかというと

私はストラップやTシャツというグッズ自体ではなく、応援していたスポーツクラブが紆余曲折あって、優勝したというストーリーに感動し、そのストーリーというものにお金を払ったのである。

 

グッズ自体はあくまでおまけみたいなもので、そのグッズを購入するという行為で私は、感動をくれたストーリーに感謝している、応援してよかったという気持ちをこめて、グッズを購入するという行為になったのだ。

 

 

モノを売る時にはストーリーを売ろう

 

 

このように、モノを売る時には、たとえそのモノ自体に高い金額がついていなくても、

背景にストーリーを感じることで人は購入することがある。

そのストーリーに共感して、購入しようという気持ちがわいてくるのである。

 

 

例えば

500円のボールペンを、ストーリーを使って5000円で売ることもできる。

 

 

ボールペン自体は500円なので、ボールペン自体の価値を上げることは難しいのであるが、それにストーリーをつける。

例えば、そのボールペンは、ある個人が愛用しているボールペンであり、大事な試験勉強の際には欠かさず使用していた。大学受験前、定期試験前、そして就職試験の前など、大事な試験の前にはこのボールペンを使ってとりくみ、見事どの試験も突破できたというストーリーがあったとしよう。

 

そこにストーリーをつけて、ボールペンを付けて販売すれば、受験生などは、そのボールペンの力をかりたいと思う子が出てきて、5千円で売れる可能性も高くなるだろう。ボールペンの歴史・ストーリーに惹かれて、商品を購入しようと思ったのだ。

 

あなたも今後何かを販売する時に、何か自分だけがつくれるストーリーをつけてみてはいかがであろうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする