ストレスと上手につきあうには

どーも、暑い日が続きますね。

この原稿は甲子園を見ながら、書いているのですが、甲子園球児の頑張りには頭がさがります。

さて、今日はストレスと上手につきあう。これをテーマに書いていきたいと思います。

ストレスと上手につきあう方法として、3つ提案

瞑想

これは科学的にも証明されているのですが、人は何も考えない時間、リラックスるする時間をつくることで身体・精神的にも安定します。1日5分でもよいので、瞑想の時間をとりいれることで、日々の慌ただしさから解放する時間を作りましょう。

瞑想のほかにもヨガやピラティスも非常にお勧めです。

呼吸を意識する時間を作り、少しづつ体を動かす時間をとりいれたあとは、頭の中がからっぽになり、すっきりとした気持ちになることでしょう。

運動

人間の脳の構造はここ何万年と大きく変化していません。大昔の日本といえば、農業や狩猟をしながら生活をしていました。この生活にあった脳や体を今の現代人ももちあわせているのでうすが、インタネーットの普及により、動かない生活・一日中デスクワークというのがめずらしくありません。そうなると頭だけ疲れ、体は疲れていないアンバランスな状況になるので、体を動かし、体を疲れされることで身体のバランスを保っていくのです。

睡眠

睡眠の大切さはどこでも言われていることですが、やっぱり寝ることはとても重要です。

いやなことがあったら、寝て忘れましょう(笑)

寝るのもできないほどつらい場合は、まず運動して体を動かしてから、ゆっくりお風呂に入れりましょう。体が疲れているので、寝やすくなりますよ。

ま、いっか、なんとかなるかという不思議な気持ちになるものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする